So-net無料ブログ作成
検索選択
口内射精管理 ブログトップ

膣内射精での痛みの原因について [口内射精管理]

婚約中の30代前半の彼女が6月に膀胱炎になり、産婦人科で治療しました。その後の検査で、子宮内にポリープが発見され、近いうちに切り取る予定でいます。

膀胱炎にかかる以前の性交渉で、生理直前に初めて膣内で射精をしたところ、膣内に痛みを感じたようです。そのときは、あまり気にもしていなかったのですが、膀胱炎が直って からも生理直前の性交渉時に膣内で射精をすると度々同じように痛がってしまいます。

コンドーム使用の時や膣外射精のときは、そのようなことはないようです。

彼女は、私の精子との相性やこちらの精子に菌などがあることを疑って私にも検査をしてくれと言って困っています。

膣内射精できない男の子 [口内射精管理]

最近は大学生や高校生が春休みに入ったせいか、ラブグッズを購入されている方が多いようです。大学生にとっては夏休み以上に長期の休みだったりするようですから、春休み中はベッドの上で気持ちよく腰を振って一日中セックスの快楽を味わっている大学生カップルも多いはずです。多くの大学生カップルたちが全裸で抱き合い、ペニスと膣を脈打たせ快楽の絶頂を味わっていることでしょう。

よくセックスに関して、膣内で射精できないといった問題があるということを見かけます。膣内射精障害とか、男性膣不感症とか呼んだりするそうです。女の子の膣から勃起したペニスを出し入れしても気持ちよくなれず、射精に至らない男の子が多くいるようです。普通であればビンビンに勃起したペニスを女の子の膣から出し入れすれば、ペニスは膣との摩擦により刺激をうけ、ペニスや下腹部に性的快感を得られます。出し入れしなくとも、性器を結合しているだけでも気持ちよいものです。快感が絶頂に達すれば、男の子は女の子の膣内で射精することができます。これはコンドームをつけたセックスでも、ペニスを膣に生挿入したセックスでも同じです。

子作りをするとき、カップルたちは毎晩ベッドの上で激しいセックスに励み、膣内射精を繰り返します。子作りをしている期間は人生で性的快楽を最も得られる期間かもしれませんね。ベッドの上で直に性器を結合させ腰を振り、女の子の膣内でペニスが気持ちよくなって射精することは、愛し合うカップルが子供を作るためには必須の行為であり、膣内射精ができなければセックスをして子供を作ることは難しくなってしまいます。子作りセックスでなくとも、膣内で射精できないとセックスをしても気持ちよくなく、気分もそがれてしまうことでしょう。
男の子にとって、とても気持ちよい膣内射精がなぜできなくなるのでしょうか。

原因は男の子のオナニーの仕方にあるみたいです。

15年ほど前には膣内射精障害の男の子はほとんどいなかったようです。昔はHな写真集や官能小説など、静止画や文字を見てセックスへの憧れを妄想しつつ手でペニスをしごいてオナニーをするのが普通でした。こうして頭の中だけでイメージを膨らませてオナニーをすることは実際のセックスで得られる刺激よりずっと小さいので、実際にセックスをしたときに今まで憧れていたセックスの想像を超える快感を十分に楽しむことができたのです。

しかし、最近ではAVなどがたくさん出回っています。インターネットの普及で、無修正のAVですらも簡単に楽しむことができるようになっています。しかし、このようにリアルなセックスの映像は視覚的に刺激が強く、童貞の男の子がこのような映像を見ながらオナニーをすることは脳に大きく影響してしまうようです。最近では色々なAVが出回っています。男優視点で臨場感があり、腰のふりかた、おっぱいの揺れ方、女の子の喘ぎ声など、実際にセックスをしているかのように錯覚させてしまうほどリアルな映像を楽しめます。そして無修正のAVでは女の子の膣やクリトリスなど性器が丸見えになってしまい、男の人の力強く勃起したペニスが女の子のびちょびちょに濡れた膣から激しく出し入れされ、さらにペニスを脈打たせて膣内に精液を送り込む映像などをアップで見ることができてしまいます。本来女の子の性器を見ることすらない童貞の男の子が、セックスがどういうものか、ペニスと膣がどのように出し入れされるかを臨場感のある映像でオナニーをし、射精することで、脳はセックスがこういうものだと勘違いしてしまうのです。

AVでは視覚的にセックスを知ることができますが、やはり決定的なものが足りません。全裸で女の子を抱く感覚や、ペニスを膣に挿入したときの感触などはAVでは得ることができません。実際のセックスの体位でオナニーをするわけでもありません。あるのは視覚的.聴覚的な情報とペニスをしごく手の感触だけです。
これらの情報を用いてオナニーをすることで、脳では射精までのプロセスとしてAVと手による刺激という認識ができてしまい、膣の柔らかい感触をペニスで感じても気持ちよくなれず、射精もできなくなってしまうのです。

オナニーをするときは、官能小説や体験談などでイメージを膨らませてオナニーをするのがいいみたいですね。(僕は結構こういうの好きです)
また、ペニスをしごくときの手の力が膣の締め付ける力より強いことも問題になるようです。何かにペニスをこすりつけて射精するのではなく、手で程よい力でしごいてオナニーをすることが好ましいようですね。

セックスの快感を最大限にするにはオナニーをしないことが一番よいかもしれませんが、やはり少しはオナニーをして射精の快感を味わいたいものです。童貞の男の子は愛する女の子と初めてのセックスで最高の快感を得られるように、AVではなく活字でのオナニーを心がけましょう。

口内射精管理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。